イーサモンとディセントラランドで一緒に歩くんだZ!

かい~のキャッツのディセントラランド冒険記

ワシに起きたおしっことペットボトルの悲劇について

こんにちは!

かい~のキャッツ (@kainokainokaino)

です。

イーサエモンを連れてディセントラ

ランドを歩いて回るのを夢見る

世界でも数少ないおっさんです。

 

 

 

f:id:kainokainokaino:20190109104358j:plain

 

今回はわしの身に降りかかった

おしっことペットボトル

の悲劇を話したいと思います。

 

ちょっと恥じらい

もありますが、勇気をだして。

たまにはスパイシーな記事も

いれていこうと思っております。

 

f:id:kainokainokaino:20190809191024p:plain

 

くだらんです。くだらんですが、

新感覚ペットボトルストーリー

になっております。

 

忘れもしない。あれは、2012年。

わしは、父キャッツと立川志の輔

さんの落語を聞きにいったときの

話です。

 

会場は、2000人程収容できる

ホール。1F、2Fともに満席でした。

わしと父親は、運よく前から

10列目くらいの特等席。ラッキー

でした。

 

わしの席は、

通路側ではなく、左右に

お客さんが6名ずついました。

こんな感じです。。

 

f:id:kainokainokaino:20190809192906p:plain

わしの弱点は、トイレがちかい

こと。映画を観に行くときは、

必ず通路側に座るので、少し

不安でした。

 

でもまあ、大丈夫だろ!

そう、自分に言い聞かせて

落語を聴いておりました。

 

しかし!

クーラーが効いていたんですわ。

 

早速、膀胱が膨らんで尿意が

少しずつ強くなっていくのが

分かりました。志の輔さんの

おもしろい落語も徐々に頭に

入ってこなくなり、、、

 

いつもなら、横のひとに

すみません!と言ってトイレに

行かせてもらうわしですが、

 

その日は2000人という大規模な

講演。講演前に全国から来られている

というアナウンスが、余計わしを

トイレに行きにくくしていました。

 

休憩まであと1時間。それまで

耐えようと必死でしたが、

尿意は強くなっていくばかり。

正直、限界でした。。

 

目の前には、一本のお茶。

トイレにいきたくなるので、全部

は飲んでいませんでした。

 

両隣のお客さんは、真剣に聞いており

会場が志の輔さんの話に集中しており、

席を立つ状況ではありませんでした。

 

わしは、強く決意しました。

 

【ペットボトルにおしっこをするしかない!】

 

まだペットボトルにはお茶が

十分に残っておりました。

f:id:kainokainokaino:20190809194302p:plain

なるべく、お茶を飲まないように

少しずつ飲んでいたのです。

トイレに行きたくなるから。。

 

しかし今となっては、

ペットボトルにおしっこができない!

 

わしはすべてお茶を

飲み干しました。

f:id:kainokainokaino:20190809195506p:plain

 私は、ベルトを外し

チャックを開けました。

幸い、会場は薄暗かったので

隣に座っている父キャッツに

もバレませんでした。

 

以前、高速バスで一回やったペット

ボトルおしっこの記憶を

思いだし、絶対ペットボトル

から漏らさないように慎重に

、そして慎重におしっこを

5分くらいかけてしました。

f:id:kainokainokaino:20190809210132p:plain

ふはああああ~~~

わしは達成感につつまれました。。

 

無事、ペットボトルから

漏れずに、しかも父キャッツにも

周りのお客さんにもバレずに

ことを終わらすことができました。

 

おうっしゃーーーー!!!!

 

休憩の時間がやってきました。

わしは、さっき済ませたという

安堵感からトイレにはいきませんでした。

 

「あーもう大丈夫だ。ゆっくり

志の輔さんの落語聴こう~~」

 

 

休憩が終わり後半の講演が

始まりました。志の輔さんも

ラストに向け、渾身のしゃべり

をしておりました。ためして

ガッテンとは、全く違う迫力

です。そしてわしの目の前には、

f:id:kainokainokaino:20190809210132p:plain

おもしろすぎて、そしてその

迫力に、このペットボトルを

忘れるくらい聞き入っており

ました。。。

 

楽しかったです!終わり!!

否。

 

 

 

 

 

 

まだ、この物語は続きます。

 

講演も後半の中盤に差し掛かって

きたところ事件は起きました。

 

さっき一気飲みしたお茶が、

おしっこに変わり、わしの尿意に

なって、再びわしを襲ったのです。

 

f:id:kainokainokaino:20190809210132p:plain

 

目の前には、一本のペットボトル。

尿意を感じ始めてから、限界まで

の時間が異常に短いわし。

 

冷や汗かいてきまいた。。

人生でベスト3に入るくらいの

ピンチです。俺は、この座席

にお漏らしするしかないのか!!

いやだ!!!それはいやだ!!!

めちゃくちゃ集中している

両隣の人に頼んで席を立つ?

 

で、、、できない、、身体が動かない、、、

 

ペットボトルにも、もうおしっこ

をするスペースがありません。

f:id:kainokainokaino:20190809211913p:plain

飲みました。

 

 

 

 一気に、飲みました。。

 

 

 

正直、パ二くりすぎて味は

覚えてません。

 

 

尿を飲む>席を立つ

 

という精神状態なんですよ。

覚えているわけがありません。

 

でも、よかった、

よかったです、、、

両隣の人の集中を切らす 

以上に尿を飲むほうがまし

でした。

 

しばらく放心状態でしたよ、、、

はい、、、 

 

ちゃんと、おしっこが入った

ペットボトルは持って帰りま

したよ。おしっこ経験値

あがりました。

 

f:id:kainokainokaino:20190809210132p:plain

あれからというもの

志の輔さんをテレビで

見ると、2012年のお

しっこ事件をおもいだします。

 

おしっこで席に立てない

ほど、圧倒的な空気をつ

くりだす志の輔さん

ぱないです。

 

また、行きます。。志の輔さん。。。

 

以上!!!

わしに降りかかった悲劇でした。

ありがとうございました。