イーサエモンとディセントラランドで一緒に歩くんだZ!

かい~のキャッツのディセントラランド冒険記

Blenderで製作したオブジェクトをシーンに置く方法 | ディセントラランド

ディセントラランド Blender 開発

 

 

 

 

 

こんにちは!

かい~のキャッツ (@kainokainokaino)

です。イーサエモンを連れてディセ

ントラランドを歩いて回るのを夢見る

世界でも数少ないおっさんです。

 

今後、このブログでは開発の仕方も

載せていこうと考えています。

 

まずは、Blenderで製作した

オブジェクトをシーンに置くという

基礎的なところを解説させていた

だきますZ!

 

f:id:kainokainokaino:20190109104358j:plain

 

 

準備しておくもの

環境はWindowsになります。この3つの準備から始まります。

 

・Node.jsをインストールしてTypescriptを実行できるようにする

・ディセントラランドのnpmをインストールする

Blender (無料) をダウンロードする

 

これらの詳しいやり方は、こちらに書いておりますZ!

 

www.kainoetheremon.jp

 

準備ができたら、ディセントラランドのこちらにシーンサンプルがあるので色々なシーンを試してみてくださいね。

 

ディセントラランド シーンサンプル

 

BlenderからglTFファイルを出力できるようにする

準備が整ったら、まずBlenderからglTFファイルを出力できるようにします。こちらをインストールして解凍してください。* Blender 2.8以降ではglTFのエクスポートが標準実装されているので、そちらをおすすめします。 

 

github.com

 

解凍が終わったら、インストールしたglTF-Blender-IOのディレクトリ内にある io_scene_gltf2 をコピーして、

 

 

Blenderディレクトリ内にあるaddonsに貼り付けてください。

 

 

貼り付けたらBlenderを開いて、ファイル→ユーザー設定→アドオン で Import-Export: glTF 2.0 formatにチェックを入れ、ユーザー設定の保存をすると完了です。

 

 

再起動すると、このようにglTFファイルで出力できるようになります。

 

Blender glTFファイル

 

わしは、わりと苦戦したので、こころの底から感動しました。。皆さん、わしより短い時間で実装できると思いますw 困ったら、Discordで誰かが助けてくれますよ。

 

Blenderで製作したglTFファイルをシーンに入れる

 

次はBlenderで簡単なものを作っておいてみましょう( 超簡単すぎるのは、まだわしにテクがないからです) まず、このオブジェクト (ICO球) をglTFファイルで出力します。 名前は、ballにします。

 

 

このオブジェクトを実装するビルダーからインポートしたディレクトリ内のmodelsに置きます。

 

f:id:kainokainokaino:20190822204930p:plain

 

さて、ここからはターミナルにコーディングしていきます。DecentralandのDOCSにある一番シンプルなアボガドのコード (アボガドがシーンに現れる)を活用してみましょう!

 

f:id:kainokainokaino:20190822205834p:plain

 

 

 このコードの名前の部分と"models/avocado.gltf"の部分、scale を(1,1,1)に変更します。avocadoはgltf 形式で出力されていますが、オブジェクトのテクスチャーによりglb形式で出力されることがあるためコーディングの際は少し注意が必要です。

 

ballはglb形式です。

 

これで実行してみると、、、でました!

f:id:kainokainokaino:20190822223923p:plain

 

positionやscaleの部分も色々変えて遊んでみましょう。

 

まだ、わしはこの一番シンプルな形しかできませんが、勉強して今後少しずつ記事にしていきたいと思っていますZ!